DHA&EPAのサプリメントで健康で若々しく

最近、物忘れが増えてきた、中性脂肪が気になる、生活は不規則だし、食事も偏っているし、これから先不安だわっていう人にぴったりな成分が、DHA&EPA。
DHAは、うっかりが多くなってきた人に、EPAは、脂っこい食事が多い、食生活が偏っている人におススメの成分なんです。

この二つの成分、青魚にたくさん含まれているっていうのは、みなさん聞いたことがありますよね。この青魚の油は常温でもサラサラですが、一般的なお肉の油は常温でもドロドロに固まってしまいます。これが血液の中に入るとどうなるか、想像できますよね。

厚生労働省では、DHAとEPAを1日1g以上取るのを推奨しているんですが、食事でとるとなると、マグロの刺身だと9人前以上食べないと取れないんですって。しかも調理しだいでは、成分が減少してしまうのです。刺身なら大丈夫ですが、焼くと2割、揚げると5割の成分がなくなってしまうのです。頑張って食事で、刺身で毎日、毎食となると無理だし、やっぱり飽きちゃいますよね。

そんな人にとって一番お手軽な方法は、サプリメント。1日に望ましい量がしっかりと配合されていているのです。頭をスッキリさせたい、体をスッキリさせたい、この両方を叶えてくれるサプリメント、今すぐ試してみてはどうでしょう。

 

内蔵脂肪サプリのおすすめ比較ナビ

 

オメガ3を青魚から摂取する

オメガ3系脂肪酸とは、不飽和脂肪酸になり青魚に多く含まれているDHAやEPA等が当たります。青魚が1番多く含まれているが、緑黄色野菜やクルミやえごま油等にも含まれています。

オメガ3系脂肪酸の効果には、コレステロールや中性脂肪の低下を促してくれます。また動脈硬化の進行を予防もしてくれるため、心筋梗塞や脳梗塞等のリスクを減らしてくれます。

オメガ3系脂肪酸は3つの元素からなっていて、水素と炭素と酸素から出来ています。水素は1本で酸素は2本で炭素は4本の手を持っていて、炭素を中心にして繋がっています。炭素との結合が1個しかないものが、不飽和脂肪酸になります。冷蔵庫等で冷やすと固まるのは、不飽和脂肪酸が多く炭素12以上あると固形になりやすい特徴があります。

そのため、摂り過ぎると自分の身体の中が霜降りになってしまいます。 オリーブ油の場合は、油の中で一番不飽和脂肪酸が多く1番絞りと2番絞りなら加熱しても大丈夫です。